第144回 3月25日 東京時間、ドル/円は「キプロスとEU(欧州連合)およびIMF(国際通貨基金)は...

2013-03-25

東京時間、ドル/円は「キプロスとEU(欧州連合)およびIMF(国際通貨基金)はキプロスに対する支援策案で暫定合意した」との報道を受けたユーロ/円の上昇に連れて94.90円台まで上昇。
その後94.60円台まで値を下げた。

欧州時間、ドル/円は94.60円付近まで弱含んだが、売り一巡後は94.80円台まで値を戻した。
ユーロ/ドルは東京時間の上昇に対する反動からユーロ売りが先行すると、1.30ドル台を割り込み1.2980ドル台まで値を下げた。
その後、キプロス支援合意を好感して欧州株が上昇して始まったことを受けて徐々に買い戻されると、1.3010ドル台まで回復。

スポンサードサーチ

NY時間、ドル/円は米長期金利が堅調に推移したことを受け、94.90円台と小幅に値を上げた。
その後は米長期金利が低下に転じたことや米国株の軟調推移を背景にリスク回避の円買いが強まると、93.50円台まで下落した。
ユーロはキプロス議会の財政委員会委員長が「ユーロ離脱の利益評価をする必要がある」との見方を示したほか、NYダウの下落を背景に、ユーロは対ドル・対円ともに大幅に下落。
また、米格付け会社ムーディーズがイタリアを格下げするとの噂が広がったことでユーロ売りに拍車がかかると、ユーロ/ドルは1.2830ドル台まで値を下げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
GREE にシェア
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

 

 

スポンサードサーチ

Copyright(c) 2011 FXどこにしようかな? ホンネ日記やFX会社の比較・体験談に口コミ情報が満載! All Rights Reserved.