第146回 3月27日 東京時間、ドル/円は94.90円台まで値を上げた。

2013-03-27

東京時間、ドル/円は94.90円台まで値を上げた。
なお「日銀は次回の会合で無制限緩和の前倒しや国債買い入れの一本化を検討」と報じられるも、反応は限られた。
豪ドル/円はドル/円のじり高推移に伴って99.20円台まで値を上げるも、日経平均株価が一時マイナス圏に沈むと99.00円台まで値を下げるなど、方向感が定まらなかった。

欧州時間、ドル/円はユーロ/円を中心としたクロス円の下落に連れ安となり、94.10円前後まで値を下げた。
欧州株の下落や時間外の米長期金利が低下したことも相場を下押しした模様。
ユーロは4月の欧州中銀(ECB)の利下げ観測やイタリアの格下げ観測などを背景に、ユーロ/ドルは1.2810ドル台まで値を下げた。
欧州株の下落なども相まって投資家がリスクオフの動きを強めると、ユーロ/ドルは1.2760ドル台まで下値を切り下げた。

スポンサードサーチ

NY時間、ドル/円は欧州時間のドル売り一服後、94.30円台まで小幅に値を戻すも、米国株の下落を背景に円買いが優勢となり、本日安値となる94.00円台まで下落。
しかし、同株価が持ち直したことや、米長期金利の低下幅縮小を受け、94.50円台まで反発した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
GREE にシェア
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

 

 

スポンサードサーチ

Copyright(c) 2011 FXどこにしようかな? ホンネ日記やFX会社の比較・体験談に口コミ情報が満載! All Rights Reserved.